効率化の中で失う大切なもの

一部上場会社のマニアル化
先日、呼庵にガスの検針に来られた。今、ガス切れが多くてお客間にご迷惑をかけていると。
ガスを配達している人は皆派遣社員、電話の応対も派遣社員、責任を持って対応する社員がいない。無駄を省き、さらに効率化を計る。企業ってなんのためにあるのだろうかと思う。これはガス会社だけの話ではない。こんなことをしていたら、いずれ日本がダメになって行ってしまう気がしてならない。

季節のリズム

道元禅師の言葉に

春は 花
夏 ほととぎす
秋は月
冬 雪さえて すずしかりけり
季節のリズム、月のリズム、身体のリズムすべて同調しながら人間は活かされている。
これからの時代を生き抜くには今まで以上に自己管理が必要である。
喫茶去
忙しい時だからこそ、冷静さが求められる。
まあ、一服のお茶でも召しあがって下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ