ワークショップ (お香)

茶の湯寺子屋対象に行う特別講座が開催されました。今年はお香を通して日本の文化の魅力について行いました。平安時代には一人一人の自分の香りを身につけておりました。日本人の香りに対する考え方は体臭を消すためではなく、その人の魅力を引き出すものとして使われていたように思います。ワークショップでは自分の好みの香を作り、お香の炊き方、演出の仕方等について学びました。品性のある香りの出し方を日常生活に応用し、自分の魅力を少しでも引き出して頂けたら幸いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ