美しい立ち振る舞い

立ち振る舞い
茶の湯寺子屋で行うお点前の目的は日常の美しい立ち振る舞い、動き方を目的としております。
美しい立つ振る舞いの基本は姿の勢いと書く「姿勢」を最重要視しております。
なぜ姿勢が大切かと言いますと姿勢が悪いと緊張したり、アクシデントがあるとすぐに呼吸が乱れ、感情のコントロールができなくなります。また代謝も悪くなり老化を早めてしまいます。健康を維持するためにも最も大切です。
美しく見える立ち振る舞いは動作の間に見え隠れしますが、下半身を充実させ、上半身を柔軟に使って行きます。力は武道と同じ反動力という目に見えない力を使いまが、解りやすく云うと大工さんが金槌を使う時、自分の力ではなく、金槌の重さを利用して使う利動力を使って行きます。
身体の動きは突き詰めると4つの動きから成り立っておりますが、正しい身体の動き方を学び無理のない自然体の動きをより洗練させ日常の立ち振る舞いを美しく、魅力的になって頂きたいものです。
美しさは洗練された無駄のない所に生まれてきます。
美しい立ち振る舞いの基本は1に姿勢、2に姿勢、3に姿勢の中にあります。動きの中での正しい姿勢(中心姿勢)ができると万物の霊長である能力も引き出すことが可能になります。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ