「懐石」の記事一覧

茶懐石料理(開炉)

dsc01982

茶懐石料理(開炉) 今回はお茶のお正月である開炉の茶事の献立で行いました。 毎回、テーマを決めて行っております。今回は焼きものの焼き方と備長炭で焼いた味を確認して行きます。 今回の和菓子は丹波の栗の渋皮煮でした。プロの渋・・・

懐石講座より(秋の点心料理 2016.9.9)

dsc01772

懐石講座の中に1回は点心料理があります。 点心料理の中には家庭で季節感を取り入れる事の料理方法が沢山詰まっており、また食のあり方を原点から考え直すことができる料理でもあります。 今、生命を維持する食が非常に危なくなってき・・・

茶懐石講座(水無月献立より)

懐石料理講座(水無月茶事より) 呼庵の茶懐石料理講座はお茶事をするために必要な下ごしらえから行う。出汁の取り方、魚のおろし方、魚の選び方等をプロの料理人から学んでいる。 料理の世界でも季節感が感じられなくなってきておりま・・・

茶懐石料理

DSC01318

茶懐石料理より 本年度の茶懐石料理がスタートしました。 今、大量に作られる食べ物には添加物が入っている。食品添加物を摂取することで人間の生命を維持する大切な食べ物を判断する能力も失われて行く。 仕事が忙しいのでつい簡単に・・・

懐石講座より

DSC00897

懐石料理講座の中に1回だけ点心料理が入ります。 11月は開炉と云って5月に採れたお茶をこの月から飲み始める時期に当たります。 料理もお祝いの料理になります。 今回はプロの赤飯の炊き方を伝授して頂きました。これから自宅で赤・・・

懐石料理 月見茶事お献立 2015.9

DSC00793

毎年、恒例で行われている懐石料理があります。 人間は感じて動くことでより正確な動きができるようになります。料理も素材の味を確認しながら作ることでものの良し悪しがわかってきます。 ダシの取り方を例に取りますとカツオと昆布で・・・

6月(水無月の懐石料理)

DSC00624

茶懐石料理講座 水無月 茶懐石料理とは季節の旬のエネルギーを取り入れて行く料理でもあります。加工すればするほどエネルギーがなくなって行きます。 懐石料理の中には本懐石と点心料理がありますが、本懐石は素材のエネルギーを生か・・・

美味しいなますは包丁で決まる。

IMG_7009

  なますを作る季節になりました。大根、人参の切り口が光って見えるようななますは綺麗なだけでなく、実に美味しいのです。 同じ材料でも味が雲泥の差なのであります。 包丁は一生使えるものを買い求めることで、料理への・・・

料理の味は愛情で決まる。

DSCF9383

日本料理は季節を大切にしておりますが、季節感を幽かに留めているのが茶懐石料理です。 日本料理は自然の中で生かされているのを感じる料理でもあります。日本人は八百万の神として自然のものをすべて神として扱ってきました。お米も食・・・

酸化させないで食べるアジの開き

焼き物を炭で焼く

今、食品の中に食品添加物が入っていないものを探すのは至難の業である。 アジの開きも食べたいと思っても脂が酸化してしまっていて、ちょっと躊躇してしまう。 またインジェクトで魚の中に食品添加物を注入したり、魚を過酸化水素(キ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ