小さなお茶人たち

お茶というと作法がわからないので、飲みたいけれど敬遠してしまう方が多いのではないだろうか?
お茶の作法を知らなくても気軽に飲めるように開発した「にない茶屋」がある。それを使って100万人目標の呈茶を試みている。
今では気軽にお茶を楽しめるということで1歳未満の赤ちゃんからお茶を楽しんでいる。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ